経済団体健康保険組合

経済団体健康保険組合

問合せ窓口アクセスサイトマップ

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

指定健診機関以外でのドック受診

指定病院が遠隔地にある、または指定外病院で手術等をして健康管理をその病院で継続する必要があるなど、やむを得ない理由の場合は、当健保組合指定機関以外でも人間ドックの受診ができます。

指定健診機関以外でのドック受診

対象者 [人間ドック]
被保険者および被扶養者(25歳、30歳および35歳以上)
  • ※ただし、家族健康診断、超音波がん集団検診の受診者(受診予定者を含む)は人間ドックを受診できません。
[脳ドック]
被保険者および被扶養者(年齢制限なし)
受診期間 令和3年4月1日から令和4年2月28日まで
補助上限額 [人間ドック] 上限37,000円(税込)
[乳房検査]マンモグラフィ又は乳房エコーのどちらか1項目について全額
[脳ドック] 15,000円(税込)
自己負担額 [人間ドック]人間ドック料金から37,000円を差し引いた額
[乳房検査]マンモグラフィ又は乳房エコーのどちらか1項目を受診した場合は自己負担なし。両方受診した場合は、どちらか低い方の額を負担。
[脳ドック]脳ドック料金から15,000円を差し引いた額

請求手続き

必要書類
【添付書類】
  • 領収書
  • 健診結果(写)
  • ※海外で人間ドックを受診され、健診結果等が外国語で記載されている場合は、その翻訳文を必ず添付してください。

ページ先頭へ戻る